おでこ 膨らみ 額

おでこの膨らみ、気を付けたほうがいいかもしれません!

スポンサーリンク

ご自分やご家族または幼い子供のおでこに膨らみがあったということはありませんか?
多少ぶつけただけの「たんこぶ」であれば対して心配する必要はないのですが、それがたんたんこぶが原因で無い場合は注意を払う必要があります。
このコブの原因というのは大人と子供でまた危険性が変わって来てしまいますので、それぞれの特徴について説明をしていきたいと思います。
赤ちゃんの場合
頭蓋骨にある全頭骨に原因がある可能性があります。
生まれてまもない子供というのはところどころと骨が完全にくっついていない場所があります。
頭蓋骨の場合ですと、小泉門と大泉門という部分ですが、こちらがくっついていないと言うことがあります。
赤ちゃんの頭を触ってもらうとわかるのですが非常に頭が柔らかくなっています。
こちらはだいたいが1歳になると完全にくっつくので成長と共に膨らんだ部分も収まっていきます。
子供によってはこの部分が早くくっついてしまうということがあります。この場合ですと脳の成長に異常をきたす可能性もあります。
また分娩の際に、頭の形が歪な状態で出産をすると言うこともありますので、さほど心配をしなくとも次第に収まりますので安心していただいで構わないと思います。

スポンサーリンク

子供、大人の場合
赤ちゃんと違い頭蓋骨もしっかりくっついているので、この場合に考えられるのは前頭葉に空洞が出来ている、もしくは主要が出来ていることが考えられます。
大人の場合ですと、一刻も病院に行く可能性が必要です。前頭葉に空洞が出来ている場合、脳にダメージを与える可能性がありますので、障害が発生する可能性も考えられます。
また腫瘍の場合もこちらは陰性、陽性と調べてみる必要があるのですが、悪性腫瘍の可能背も考えられます。
特に、だんだんと大きくなっている場合は早急に対処が必要です。
また年齢が若い場合には成長も早いので、同様に、検査と治療をおこなってください。
腫瘍も、血が溜まる場合と、脂肪の塊がある場合、悪性腫瘍の場合とかんがえられますので、
脳や他の器官に異常をきたす恐れもありますので注意してください。

スポンサーリンク