おでこ 汗 対策 額

おでこに大量の汗!?改善しましょう!!

スポンサーリンク

1年で一番暑い時期といえば夏ですよね?
夏と言えば、暑い日差しです。近年では熱中症という症状になる方も増えていてとても冷房なしの生活をすること自体も厳しい時期です。
熱中症も外の日差しを浴びているだけではなく、家の中、屋内でも発生することもあります。
そんな夏には一年でも多くの思い出を作る方も多くいらっしゃるとおもいます。
あまり内容に関係のない前置きになってしまいましたが、今回は、夏の大敵の汗に関しての記事を書いていこうと思います。
 汗と言って思い浮かべるのは、運動などしてかく汗、そして夏など、温度の高い場所にいる時に出るあせ、他にも体温の上昇などもあるのですが、人間の生理現象としてきるに切れないものです。
汗のメカニズムをざっくりと説明をしたいと思います。
汗が出る原因というのは、人間の体温が原因です。もう少し細かくいうと標準体温と言うべきでしょうか。
人間は各々、自分の設定した体温があります。エアコンでいう温度設定と考えてみてください。
この運動や暑い気温のなかにいると、人間の体温は上がってしまいます。

スポンサーリンク

エアコンでもそうなのですが、室内の設定温度が高くなるとどうなりますか?
自然と設定温度に戻そうと冷たい風を出して元の温度に戻そうとします。
これと同じで、人間の体も上昇した温度を下げるためにやることが「汗を出す」ことなのです。
汗を流すことで体の温度を調整して自分の標準体温に治そうとするのです。
これが汗の出るメカニズムになってきます。
ではこれを踏まえて汗の対策をどうするかというと、自分の体の標準体温を上げることです。
どうすればいいかというと、暑い場所にいることです。
同然、長時間いると体調に異常をきたす恐れもありますので、ご自分の体と相談していただき、1時間くらい歩く、運動を日頃から行なっている方ですと、ランニングなどをすると、だいたい1週間ほどで体が慣れてきます。
この標準体温も1週間で変わるので、逆に1週間涼しい場所にいたらまたかわってきてしまいます。
他にも、手術をすることで汗の神経を切るということもあるのですが、体調に異変が起こる可能性もあるのでおすすめしません。
また最近では、制汗剤やデオドラントというものがあるので加えて利用してみるといいともいます。

スポンサーリンク