おでこ 押すと 痛い

おでこを押すと痛い頭痛の原因と対策法

スポンサーリンク

おでこを押すと痛い頭痛は、片頭痛と呼ばれる症状です。
脈を打つようにズキズキ痛むことが特徴で、1時間程度その症状が続きます。
時間の経過とともに痛みは緩和されますが、我慢ができない程の痛みがある時には、鎮痛薬を服用すると痛みは解消します。
患部に氷水で濡らしたタオルを当てることも効果的です。
もしも頻繁に片頭痛が起こる場合には、病院に行って精密検査を受けると原因が判明します。
一般的な片頭痛の原因は、脳の血管の周辺にある三叉神経と呼ばれる神経が刺激を受け、脳の血管が拡張することによって発症します。
三叉神経が刺激される原因は、ストレスや寝不足、寝すぎなどが原因になるケースが多く、眩しい光を見た時にも三叉神経が刺激されて片頭痛になる場合があります。

スポンサーリンク

おでこを押すと痛みのある症状は片頭痛によるものだけでなく、副鼻腔炎である場合もあります。
頭痛がするだけでなく、鼻水が出たり鼻づまりの症状がある場合は、副鼻腔炎である確率が高いです。
副鼻腔炎による頭痛の原因は、アレルギー性鼻炎の悪化や風邪の症状の悪化が原因になるケースが多いです。
副鼻腔炎の治療は、耳鼻咽喉科の病院に通院して治療を受けます。
耳鼻咽喉科では鼻の状態を確認して、膿が出ている場合には膿を吸引して鼻腔の洗浄を行います。
症状に応じて抗生物質の薬が処方されますので、薬物療法によって治療します。
3ヶ月程度にわたって、耳鼻咽喉科に通院して薬を飲み続けていると完治します。
悪化すると鼻茸と呼ばれるポリープができ、完治するまでに時間がかかりますので、早めに通院することが大切です。

スポンサーリンク