おでこ 広い 人相

人相占いにおけるおでこの広い人・狭い人の特徴

スポンサーリンク

「人相」という言葉を聴いたことがあるという人でも、それがどのようなものかを説明することが出来るという人は少ないのではないでしょうか。
これは、占いの一種であり、顔相や骨相、体相と呼ばれることがあります。
ほとんどの場合は、顔相を指すことが多いようです。
顔の骨格やそれぞれのパーツなどを診断することにより、性格や運勢などを割り出すことが出来ると言われています。
顔のパーツのバランスや大きさ、骨格は人それぞれ異なりますし、同じ人であっても年齢により変化が見られる場合もあります。
その時々を占うことが出来るのです。
社交性や人付き合いの癖などが現れているのが、おでこであると言われています。
これらは、なかなか自分では気が付きにくいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

まず、おでこが広いという場合、この基準は髪の生え際から眉までの幅が顔の3分の1以上であれば広く、3分の1以下であれば狭いと判断することが出来ます。
ここの広さは、世間の広さであるとされており、この部分が広いということは、社交性が高く、一人ひとりと上手く付き合うことが出来るタイプであると言えます。
年齢を問わず人気者になることが出来ますが、特に目上・年長者から可愛がられる事が多いようです。
一方の狭いという人の場合は、個性的な人生を歩む傾向にあるようです。
大勢で楽しむというよりも、一人の時間を大切にしたいと考えていることが多いと言えます。
これは、決して悪いことではありませんが、世間にもう少し目を向けたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク