おでこ ざらざら

おでこのざらざらの原因

スポンサーリンク

おでこがざらざらしてくる原因は大きく分けて2種類あります。
それは肌の新陳代謝を意味する「ターンオーバー」が極端に早いか遅いかです。
ターンオーバーが早くなる理由は、肌の過度な洗顔とピーリングです。
洗顔料などを使い、何度も洗顔をすると本来肌に必要な皮脂やセラミドなどの保湿成分が流れ落ちてしまい、潤いが無くなることで、肌が乾燥していき、肌を保護しようとターンオーバーが早くなるため細胞の成長が早まります。
そのため、本来自然にはがれるはずの古い角質が肌に残ってしまうので、ざらざらになるのです。
対処法としては、洗顔料の使用を制限し、水だけで顔を洗うようにすると肌に加わる刺激が少なく、潤いの成分が流れ落ちてしまうことも無くなります。

スポンサーリンク

ターンオーバーが遅くなる理由は、年齢によるものと肌に対するスキンケアの不足です。
20代後半から肌の乾燥が進みだし、スキンケアを怠ることで肌が荒れてしまいます。
これもセラミドなどのうるおい成分の不足が原因です。
洗顔などのスキンケアを怠ると汚れが肌に残ってしまい、古い角質がはがれ落ちにくくなってしまいます。
自然にはがれるはずの古い角質が肌に残ってしまうと肌に必要な角質の水分を奪ってしまい、化粧水などが肌に浸透しにくくなるのです。
対処法としては、スキンケアをしっかりと行うことです。
その際、ピーリングなどを行うと肌に対する刺激が高くなってしまう為、しっかりと汚れが落ちる洗顔料だけを使うことがお勧めです。

スポンサーリンク