おでこ 広い 基準 狭い

額が広いか狭いかおでこかの基準は色々、それより顔つきが大切

スポンサーリンク

額が広い、狭いなどとよく言いますが、その判断基準には色々な説があります。
例えば指3本説は、指3本を額に当ててみてその広さを測ってそれ以上か以下かを見ますし、7センチ説は眉から髪の生え際までが7センチ以上か以下かで額の広さ、狭さを判断します。
この7センチ説には5〜6センチが基になると言うバリエーションもあります。
更に顏の3分の1説と言うのもあり、これは眉から髪の生え際までの長さが顔全体の3分の1かどうかを基にして、それ以上か以下かで額の広さを決めると言う物です。
目を大きく開き、眉を上げた時に髪の生え際近くに皺が寄らないと、生え際が後退して額が広くなっていると言う人もいますが、元々大きな額の人もいます。
 この様に色々な基準が一般的に言われていますが、顔全体に対する額のバランスが、広さ、狭さの印象を決めると言うのも事実です。
 スポンサーリンク

人相学で性格を判断する際の物差しの一つとして、額の広さ、狭さ、出っ張り方が使われます。
例えば、額が広ければ社交的、おおらか、知的、博学であり、狭ければ内向的で孤独を好む、辛抱強い、一つの事に集中したり没頭したりする、出っ張っていれば野心的、知性的などと言われますが、これも西洋と東洋の人相学で違いがあるようです。
 額が広い人、狭い人、おでこの人には夫々の悩みがあるようですが、夫々に似合う髪型がありますし、夫々に魅力があります。
他人は顔全体を見るので、額ばかりに注目するわけではありません。
額の広さが美人の条件だと言う人もいれば、逆に狭ければよかったのにと願う人もいます。
 結局、額が広くても狭くてもおでこでも人柄が出てしまうのが顏であり、顔立ちより顔つきが人の印象を決める事が多いのです。

スポンサーリンク